日頃のメンテナンスも重要

注目記事

オーバーホールは五年に一度くらいを目安にする

オメガという腕時計を長持ちされるために オメガ…

READ MORE

日頃のメンテナンスも重要

オメガの腕時計を10年20年愛用するためにすべき…

READ MORE

オメガの腕時計を10年20年愛用するためにすべきこと

初めての高級腕時計としてオメガの腕時計を購入された方も多いと思いますが、せっかく高いお金を払ったのですから長く使い続けたいですよね。長年愛用するための条件としてオーバーホールをしっかり行うことが挙げられます。オーバーホールとは単に修理のことではありません。一度時計を一つ一つの部品に分解し、洗浄、注油を施し、再構築して磨き上げることを言います。
「オメガは一流ブランドだし、故障しないように丈夫に作られているはずだから何もしなくてOK」という考えは危険です。時計は常に動いていますから時間が経つと油が汚れ劣化したり、ケースの中にホコリが入る事があります。このような状態で、使い続けていると最終的には針の動きがおかしくなってしまったりして故障してしまうわけです。故障してからオーバーホールを行うと、中の部品がすり減ったり、破損していることが多く、その場合は部品を交換する必要が出てきます。
部品の交換にはもちろん費用がかかりますから、故障してからオーバーホールをするよりは4~5年に1度は定期的に行った方が経済的です。オーバーホールは時計を分解するわけですからピンセットを使って慎重に行う細かな作業です。技術力がものを言いますので依頼は専門業者にお願いしましょう。10年20年と長く愛用することができるかどうかは日頃のメンテナンス次第なのです。

定期的なオーバーホールが腕時計の寿命を長くする

高級腕時計は毎日日中は腕に着けて行動していますから、年月が経つとやはり劣化してきてしまいます。特に高級腕時計のオメガなどは、愛着があってステイタスにもなる大切な腕時計ですから、できるだけ劣化を防いで長持ちさせたいはずです。そんな時計の寿命を延ばしてくれるのがオーバーホールです。
オーバーホールは数年に一度、時計の中身を分解してメンテナンスする作業のことで、専門業者に持って行けばやってくれます。電池式のクオーツでない機械式の時計なら、メンテナンスが不要なイメージがありますが、全く逆です。部品も日々劣化していますし、機械をスムーズに動かすために油が使われています。油は年月が経つと劣化してしまいますし、油切れで機械が正常に動かなくなることもあります。
また、磨耗する部品もありますし、ちょっとした隙間から入った小さなゴミや水で、内部が錆びてしまったり機械の誤作動にもつながります。ノンメンテナンスで10年しか持たない時計だとすれば、メンテナンスすればもっと長期間寿命を延ばすことができます。オメガの場合だと定期的なオーバーホールをしていけば、数十年は元気に動いてくれます。愛着のある時計だからこそ長持ちさせるためにも、専門業者で数年おきにオーバーホールをしてもらいましょう。

Copyright(C)2018 買ったオメガと長く付き合うならオーバーホールは必要不可欠 All Rights Reserved.