オーバーホールは五年に一度くらいを目安にする

注目記事

買い替えることを考えれば安いもの

定期的なオーバーホールでオメガを使い続ける 高…

READ MORE

日頃のメンテナンスも重要

オメガの腕時計を10年20年愛用するためにすべき…

READ MORE

オメガという腕時計を長持ちされるために

オメガは大手時計グループの傘下にある高級時計メーカーです。
ですので、普通はオメガのオーバーホールは日本国内の場合はその大手腕時計グループでやることになります。腕時計メーカーによって並行輸入された商品と日本の代理店経由で購入した商品を時計のオーバーホール時の値段に並行輸入品を国内正規代理店経由で購入したものに比べて高い値段で行なう時計メーカーもあるのです。しかし、オメガはそのようなことがないので、並行輸入品の腕時計でも区別されることはありません。
ただし、正規のその大手時計グループでのオーバーホールの代金が高いと感じる場合には腕時計のオーバーホールのできる専門業者も他にあるので、そのようなところで腕時計のオーバーホールをしてもらうのもあながち間違った選択ではないと思います。
腕時計のオーバーホールというのは腕時計の調子が悪くなってから出すのではなく、たとえ時計の調子が悪くなっていなくとも腕時計のオーバーホールに出して、故障して部品の交換になる前にオーバーホールに出すことにより腕時計の状態を常にいい状態に保つことができるので、腕時計は数年に一度はオーバーホールに出して腕時計をいい状態にすることをお薦めします。

オメガのオーバーホールはどれくらいの頻度でするべき?

オメガのオーバーホールはどれくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?2年に1回するべきという人もいれば、3年に1回がおすすめという人や5年に1回が一般的という人、10年に1回で十分だという人もいます。多くの腕時計愛用者の意見を聞いていくと混乱してしまいがちです。
慎重を期すなら、頻繁にオーバーホールして寿命の近いパーツを取り替えていくのが一番です。チェックの機会が増えれば増えるほど致命的な問題が起きる前に対処しやすくなります。ただ、オーバーホールを専門業者に依頼するごとに費用がかかるので、あまりに頻繁なオーバーホールは大きな負担になってしまうでしょう。オメガは商品そのものの品質が高いということもあり、慎重を期すなら3年に1回のペース、コストパフォーマンスを重視するなら5年に1回程度のペースがおすすめです。
ただし、時計の精度に疑問を感じたり、ゼンマイの巻き心地に違和感を覚えたりしたら、通常より早いペースでオーバーホールした方が無難です。それまでオメガを使っていたときとの差を感じるということは、何かしらの変化が起きている可能性があります。
少なくとも時計の針が止まるまでオメガのオーバーホールはしない、というような態度は厳禁だということを覚えておいてください。

Copyright(C)2018 買ったオメガと長く付き合うならオーバーホールは必要不可欠 All Rights Reserved.